体内被曝の危険性

   

放射線の危険性は通常「密封された放射線源(線源)からの距離」によって測定された細胞への影響によって調査されてきました。
そのため、放射性物質が細胞の至近距離で放射線を出す効果についてはあまりよく分かっていません。

しかし、簡単な話として分かっていることは、放射性物質が細胞=遺伝子核の至近距離で放射線を出すと

(1)放射線密度は当然高く被ばく量は体外にある場合と大きく変わる。(密度問題)
(2)α線やβ線は空気中で減衰し細胞に届きにくいが、体内では届くようになる。(エネルギ量問題)

で体内被曝は非常に危険です。

さらに、生物は長い進化の中で放射性同位元素を吸収しても体内で蓄積しない仕組みが出てきますが
人工放射性物質は体内に蓄積されるため、非常に甚大な被害につながります。

原発推進派やネトウヨ原発推進派はこのような科学的事実には絶えず目をつぶっています。

内部被ばく - コピー

 - 未分類